損しない不動産の任意売却

念願のマイホームを手にした人にとって自分の家に住める心地よさは格別なものでしょう。家の購入や家を建てるときにおいてもいろいろと勉強をして、いまの家を買ったはずです。

そして、このような住宅を買ったときは、住宅ローンを買った人がほとんどです。この住宅ローンは、毎月のように返済を続けなければなりません。

しかし、景気があまりよくない状況の中において給料が上がったり、会社の倒産によって失業する人も見られます。このような人の場合、住宅ローンが払えなくなることが多く、滞納を続けるという人も増えています。

滞納が多くなると、家は差し押さえられるようになります。住宅ローンを支払っている間は、住宅ローンが払えなくなると裁判所によって競売にかけられ、売られてしまいます。そのことから、家を失うことになりますが、この場合、家を失うだけでなく、住宅ローンの残高も残ることになります。

これは、競売によって安く買われてしまうことが原因とされています。これでは、負担が多くなるだけなので、最近は不動産を差し押さえられる前に自分で任意売却を行なうことがすすめられています。

任意売却を行なうと市場価格で売ることができるので、家を失っても住宅ローンは完済できるといったことがメリットとされています。

This entry was posted by admin on 土曜日, 2月 16th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 不動産関係. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply